准看護師と正看護師の違い

看護師には正看護師、いわゆる看護師と准看護師とがあります。
具体的には正看護師は国家試験に合格した”国家資格免許”です。
対して准看護師は”都道府県免許”になります。

 

職務に関してはそれ程の違いはありませんが、正看護師は自らの判断によって看護を行うことが出来ます。
しかし准看護師は、医師または正看護師の指示によって看護する必要があります。

 

お給料は?

正看護師に比べると准看護師の方が給料が安い場合が多いです。
ただし経験年数が浅い内はそれほど大きな差はなく、正看護師は後々師長や管理職に就くことが多いため、平均収入では差が開いていくことになります。

 

准看護師の需要は?

「同じような働きなら正看護師の方がいいのでは?医師の指示も要らないのだし。」と思いますよね。
しかし准看護師を求める職場は意外と多いのです。
何故でしょうか?
それはズバリ、”人件費が安く済む”からなのです。
准看護師であっても医師や看護師の指示があれば、正看護師と全く同じ看護をすることが可能です。
特に小さな医院やクリニックなどでは必ず医師の目がありますので、人件費の高い正看護師よりも准看護師を望むことも少なくありません。

 

ここで准看護師として働く人にしてみれば、「同じ仕事内容でもお給料は安いんだ・・・」と思ってしまいますよね。
確かに収入の面では若干引けをとりますが、仕事と自分の生活を考えた場合デメリットばかりではありません。
正看護師がバリバリ働くような大病院では夜勤や深夜勤務は当たり前、残業や休日出勤も覚悟しなければならない場合が多いのです。
そのため多くの看護師さんが小さな医院やクリニックへの転職を希望します。
病床のない医院ですと夜勤もありませんし、外来のみで残業も少ないです。
土日休みのところも多く、自分の生活を充実されることが出来るのです。
こういった条件を望むのであれば、准看護師であることはひとつの強みにもなってくるのです。

 

准看護師でも充分食べていける!

生活の糧として働くのであれば、准看護師であっても充分な収入が得られることでしょう。
正看護師より少ないとはいっても一般の働く女性から比べれば高収入の職場です。
さらに現在でも安定して需要は高く、今後もさらに必要とされていく職業です。
特に高齢社会にともなった高齢者向けの現場では引く手あまたです。
一般企業での収入が安定せず、先行き不安なこれからでも、あなたの収入で家庭を支えることも出来るはずです。