准看護師って何?

病院で働く人って実は様々な立場の人がいるのです。
私たちは何となく「お医者さん」「看護師さん」「受付の人」といった区別はつきますが、詳しくは分かりませんよね。
実際、病院では医師、看護師の他にも様々な人が働いています。
例えば受付の人であっても実際には医療事務の仕事をしている人が多かったり、「先生かな?」と思っていても薬剤師の人だったり・・・。
医療クラーク、栄養士さんなども働いています。
意外と見た目では分かりませんよね。

 

それと同じように看護師さんにも種類があります。
国家資格を持った看護師さん(正看護師)とともに「准看護師」という人がいます。
准看護師とは都道府県の免許を持った看護師さんです。
正看護師との違いは見た目ではほとんど変わりません。
准看護師の詳しいお仕事について説明したいと思います。

 

准看護師の仕事

看護師の仕事は患者さんの看護をすることです。
医療機関では医師によって診療・治療といった医療行為が行われますよね。
看護師はそれを補佐しながら、医学や看護学の観点から患者さんが健康になるための手助けをします。

 

ここで正看護師と准看護師では大きな違いがあります。
それは看護行為を自分で主体的に行えるかどうかです。
正看護師は自分の意思で看護を行えますが、准看護師は意思や正看護師の指示に従って看護する必要があります。
大きな違いというか、違いはこれだけです。
なので、患者から見ると正看護師も准看護師も作業的にはあまり変わりなく見えるのです。

 

ただし、准看護師が師長や主任といった管理職に就くことはありません。

 

准看護師が求められる職場とは?

准看護師が働くには必ず医師・看護師の指示が必要です。
なので単純に看護業務をする人が足りていないという職場で准看護師の需要があります。
特に「人手は足りないけれど人件費も抑えたい」という職場での需要が高いようです。
個人経営のクリニックや小さな医院などでは、准看護師の需要が高いとされています。
また、介護施設などでも正看護師を一人置き、あとは准看護師でまかなう例が多いようです。
正看護師以上に需要が高い場合もあるのです。

 

准看護師として働くメリット

やはり正看護師と比べると仕事にしばられる必要が少なくなる傾向にあるようです。
多少給料は低くなりますが、責任の重い役職などに就くことはありませんので、的確に指示を守ることに専念することが出来ます。
また、勤務条件の良い人気の小規模なクリニックなどでは、積極的に准看護師を雇うことが多かったりします。
多くは人件費の削減のためですが、勤務時間が固定されている勤務先は人気があるので転職や就職にも有利かもしれませんね。