准看護師のお給料

平成23年の准看護師のお給料に関するデータです。(日本看護協会の統計)
平均月収は283400円、ボーナス676400円、年収4077200円となっています。
(規模10人以上規模の職場)
細かい推移はありますが、ここ10年程度はさほど変化していませんので安定した収入のお仕事であるといえるでしょう。
また職場の規模によって違いもあり、1000人以上規模の医療機関での准看護師の平均年収は約500万円となっています。
経験年数が長い人が多く働いているのも理由であると考えられます。

 

正看護師のお給料

一方、正看護師のお給料についてです。
平均月収は33万円、ボーナス83万円、年収475万円となっています。
准看護師に比べると多くなっていることが分かります。

 

一般の人のお給料

国税庁のデータによると、平成22年のサラリーマンの平均給料は、男性で年収507万円、女性で269万円となっています。
特に女性の平均給料から比べると、准看護師・看護師の給料は非常に高いといえるでしょう。
しかも一般企業などでは景気や経済の状況に左右されることが多く、安定した収入を得続けることが難しい時代であるといわれています。
そういったことに影響されないところも准看護師・看護師のお仕事の魅力であるとも思われます。

 

准看護師のお仕事の実態

お給料が一般の人よりも高いことは分かりましたが、その実態はどうなのでしょう。
安定した収入があるにもかかわらず准看護師や看護師を辞めてしまう人が後を絶ちません。
やはり現実の職場では過酷な労働条件に悩んでいる人が多い業種なのです。

 

お給料の良さにには夜勤や深夜勤務といった手当の存在を無視出来ません。
一般の企業で夜勤があるようなところはやはり少ないです。
特に女性の多い職場ではかなり限られてくるでしょう。
准看護師や看護師の方たちの多くが、夜勤や深夜勤務といった体力的にも精神的にもキツい労働条件を受け入れているのです。

 

さらに准看護師の方は実際には正看護師と変わらない業務内容をこなしています。
理不尽な人間関係に悩んでいる人も多いです。
こういったことから、収入は安定していても長続きしない業種というイメージにつながっているようです。

 

より良い条件で働くために

しかし現在では今まで以上に准看護師・看護師が求められる場所が多くなっています。
従来の病院・医院に加えて介護の施設や訪問介護、企業や学校など様々な場所で必要とされているのです。
少し探せば自分が無理をせずに働ける場所が見つかります。
不景気の時代でも就職難知らずの看護師免許です。
今の職場の辛さだけでキャリアを手放してしまってはもったいないですよ。