准看護師は廃止になるの?

准看護師として働く皆さんの中では大きな問題として話題になっているのが、准看護師の廃止についてでしょう。
実際に准看護師の教育機関などは減少していますし、国の方針としては准看護師を廃止し、看護師に統一したいという流れなのでしょう。

 

そもそも准看護師というのは、戦後に看護師が不足している際に暫定で作られた資格です。
本来は看護師が必要なところ、教育に時間がかかるために准看護師という資格が設けられたのです。
その後さらに医学は進歩し、今は看護大学も増えてきていますので、医療の知識の面からするとその格差は大きくなってしまっている現状です。

 

しかしご存知のように現在の医療現場もまた看護師が不足している状況です。
そのため准看護師の通信教育制度なども導入され、准看護師の方が看護師になれるような体制が望まれているのです。
将来的には現在准看護師の方が正看護師となってくれれば一番なのでしょうが、全ての人が働きながら正看護師の資格を取るのには無理があるでしょう。
今、准看護師が廃止されてしまえば医療現場はたちまち崩壊してしまいます。
それは国もよく分かっていることですので、すぐに准看護師が廃止になるようなことはないでしょう。
しかし、10年、20年という長いスパンで考えると、看護師に統一されていくであろうことは心に留めておきましょう。

 

現場の声、医師会の対応

准看護師廃止問題について、真っ先に反対したのが日本医師会です。
これは正に「現場の意見」というところでしょう。
現在の医療現場から准看護師がいなくなってしまっては、たちまち機能が停止してしまうほどに看護師不足は深刻です。
もちろん医師不足も深刻化していますので、医師会としては准看護師を擁護する立場になる訳です。

 

ただし、日本看護協会は准看護師の廃止を主張しています。
これには「看護師の質の向上」が関わっています。
今後の高度な医療に対応するためにも、また、介護の現場のように看護師のみの対応が必要な現場も増えています。
個々の看護師のレベルの向上は看護師全体の待遇の向上にもつながると考えてのことでしょう。
しかし看護協会にしても、現在の准看護師の職を奪うという意向ではないでしょう。
純粋に看護師の質・知識の向上を願っているということなのです。

 

准看護師?正看護師?

今から看護師を目指す人にとっては最初から正看護師を目指した方が良いことは明らかでしょう。
しかし経済的な理由や家庭の事情で准看護師の資格しか目指せないという人も多いでしょう。
今後はこういった人たちへの対応を含め、現在准看護師として活躍している人への対応も検討されていくことと思います。