准看護婦のできること・できないこと

准看護婦ができることとは?

皆さん准看護師としての勉強をしてきた訳ですから、准看護師と正看護師の違いはご存知だとは思いますが、実際の現場でどういった違いがあるのかは不安なところだと思います。
准看護師とは一体どういった役割の仕事なのか知っておきましょう。

 

まず、准看護師と正看護師とでは、医療の現場でやることには、ほぼ違いがないといわれています。
現在はどこでも看護師の数が足りなくて困っています。
准看護師であろうと正看護師であろうとやらなければならないことは沢山あります。
実際の現場に出たら肩書きなど気にせずに次々と仕事をこなしていかなければなりません。

 

ただし、法律的には准看護師と看護師とではできることとできないことが決められています。
それは医療行為をする際に医師又は看護師の指示が必要かどうかということです。
本来准看護師は医師や看護師の指示によって医療行為をすることになっています。
しかし多くの職場ではそれほど細かい指示が出る訳ではありません。
准看護師であってもキャリアを積むことで一人前の看護師として扱われることになるのです。
昨今の医療の現場で准看護師と看護師を区別していては、看護の仕事は回らないのが現状なのです。

 

また、患者さんにしてみれば准看護師と看護師に違いなどありません。
患者さんにしてみればあなたの看護が必要なのです。

 

准看護師ができないこととは?

では、准看護師にできないことはあるのでしょうか?
まずは、自分だけの判断で医療行為をすることはできません。
これは法律上の決まりであります。
ただし正看護師であっても医師のいる現場で、自分だけの判断で医療行為をすることはあまりありませんので、ほぼ違いはないと思って良いでしょう。

 

准看護師の就職事情

では就職や転職に関してはどうでしょうか?
准看護師と正看護師で違いはあるのでしょうか。

 

一般的な就職事情としては、准看護師の需要は大きな病院よりも小さな病院の方が高まっているようです。
さらにここ数年で求人が伸びているのが介護の現場での求人です。
中には正看護師よりも准看護師を、というところもあります。
やはり給与の面で准看護師の方が安くなってしまうことが多いのですが、厳しい労働条件の病院などより、個人経営の小さなクリニックで働きたいという人にとっては有利といえるかもしれませんね。

 

もしあなたが今の職場が合わないなと感じていたり、どんな職場で働きたいのか分からないと悩んでいるのであれば、一度看護師専門の転職コンサルトに相談してみてはいかがでしょう。
今は看護師の需要が高まっている状態なので、より希望の条件に合った職場を探すことができると思います。